専門書アカデミーVSバリューブックス 専門書をお得に売るならどっち??

買取サイトを利用する時は古物許可証があるか確認しよう。

買取サイトが安心かどうかは気になる部分ですよね。

 

  • 買取金額が支払われなかったり。
  •  

  • 買取商品を配送したまま、取り戻すこともできなかったり。
  •  

  • 個人情報を悪用されたりする。

このようなリスクはインターネットを使う場合は、常に付きまとう問題でもあります。

 

 

買取サイトを運営している場合、法律によって厳しく取り締められている。

 

 

営利目的や継続的に中古販売を行なう場合(他にも取り決めはあります。)は古物許可証が必要です。

 

古物許可証を発行するには警察署に届け出をし、こんな中古販売や買取サイト事業を行いますと登録しなくてはいけません。

 

ざっくり説明すると、国から認められなければ買取サイトを運営することはできないません。

 

詳しくは、電子政府の総合窓口古物営業法の一覧をご覧ください。

 

 

 

買取サイトで古物許可証が記載されている場所は?

 

古物許可証が記載されている買取サイトは、信用できるか判断する基準になるのはわかったけど、
買取サイトのどこに古物許可証がきさいされているの?と言った疑問もあるかと思います。

 

古物許可証など必ず表示しなくてはいけないものは案外、小さい場合があるので見つけ辛い場合もあります。

 

ほとんどの買取サイトは、特定商取引法および古物営業法に基づく表示とサイト内に表示されている場合が多いですが、

 

当サイトでは、専門書アカデミーとバリューブックスのご紹介をしていますので、この2つの買取サイトの古物許可証を載せておきます。

 

参考までにご確認下さい。

 

 

 

 

 

専門書アカデミーの古物許可証

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バリューブックスの古物許可証

 

 

 

 

 

 

 

 

信用できる買取サイトを利用するためには必ず古物許可証が記載されているかチェックしましょう。

 

 

ネット利用者が増えている現在では、悪質な詐欺や、巧妙なやり口で騙す方法が沢山存在します。

 

買取サイトを利用する場合、利用者も個人情報を記載しなくてはいけないので、買取サイトの安全性は確認しておきましょう。

 

 

 

 

 

 
専門書アカデミーの口コミや評判は? バリューブックスの口コミや評判は? 買取サイトを利用する際の安全性は?